プロミスで借りられたその日のうちの振り込み融資

プロミスで借りるなら覚えておきたい点

プロミスは、申込をして会員になると、様々なオプションサービスを受けることができます。そのほとんどが無料なので、利用できそうなサービスは事前に確認しておき、賢く使いましょう。まずは、自分の口座ではなく、他の口座に入金してもらうことができる振込代行サービスがあります。入金の時は、プロミス名義ではなく、指定した名称で入金を行うことも可能です。

また、三井住友銀行とジャパンネットバンクであれば、申込から10秒以内に手続きを完了することができ、即座に入金されます。それから、意外なサービスとしてあるのがポイントサービスです。プロミスでキャッシングを利用すると、利用するたびにポイントが加算されます。この貯まったポイントでATM手数料が無料になったり、無利息期間がプレゼントされます。

また、初回に借りる時は、プロミスの無利息サービスを利用することができます。オペレーターに初めに相談すると、そのまま審査から融資決定という流れに沿ってキャッシングを利用することになり、見逃してしまいがちですが、プロミスではずっと30日間無利息サービスを実施しています。

この無利息サービスは、初回限定であり、30日間の利息分を無料にしてくれます。そして、利用する際には、申込が必須となっています。

インターネットで借り入れも出来てしまう

インターネットから簡単に申込みを行うことができるキャッシングサービスは、ほぼどこの金融機関でも取り扱っています。利用者にとって多くのメリットがあるだけではなく、金融機関側にも、人件費を削減でき、また、店舗や専用契約機を置く必要がないので、その分、経費を削減できるというメリットがあります。

そのため、金融機関によっては、インターネットからの申込みに対して、金利を低くする等の特典を付与している場合もあります。インターネットから申込みを行う場合、まずプロミス審査の前には「3秒診断」などと言われている簡易審査なるものを行うことができます。これは、本審査ではないので、あくまでも目安ということになりますが、検討するにあたりとても便利な審査です。

次に、本人の属性情報、住居情報、就業状況、他社からの借り入れ状況、収入等の必要な項目を入力し、本審査に進みますが、正直な情報を入力することが重要です。審査結果は、メールや電話等で知らされます。審査に通過すれば、融資を受けることができます。

この後、店舗や専用契約機に出向き、または、郵送でのやり取り後、カードを受け取り、実際に融資を受けることになります。カードを発行せずに振込による融資ができる金融機関もあります。このように、店舗や専用契約機の前で審査結果を待つような無駄な時間を利用者が過ごすことがないインターネットによる申込みは、とてもスマートな方法です。

少ない金額も借り換えでお得になる

10万円程度ならそのまま返済した方が早いと思われるかもしれませんが、この状況でも借り換えを実施した方が圧倒的に有利となります。特にカードローンの10万円というのはキャッシングよりも3%近く低金利で借りられるのですから、発生する利息というのはかなり違ってくるということです。そのため少ない金額でもカードローンの借り換えは有効となります。

少ない金額を借り換える場合、まず利用限度額が低いカードローンを狙った方がいいです。高い限度額を利用するのも良いですが、その場合は最低利用額が設定されているため余計に借りないといけない状況になります。一方で利用限度額を低く抑えると、1万円から借りられるので柔軟な借り換えということが可能となります。

また当然という部分にはなりますが金利の低いカードローンを狙った方がいいです。低金利でなお且つ利用限度額の融通が利くというのが一番いい商品ですから、借り換えの場合は意識して選んでいくといいかもしれません。場合によってはあまり知らないような会社を利用しても良いですが、必ずカードローンを選ぶことは忘れないでください。

少ない金額を上手に借り変えて、より便利なカードローンを得た方が返済は楽になります。